骨折」タグアーカイブ

交通事故治療

当院にはハードタイプの高圧酸素治療器があります。

 

これは数年前に高校球児が酸素カプセルなるもので有名になったものですが、通常の呼吸で摂取するよりも高濃度の酸素を呼吸で摂取することで

 

けがの早期回復

疲労回復

健康増進

アンチエイジング

身体機能のコンディショニング

 

など様々な効果があります。

 

なかでも、交通事故のけがにおいては患部に触れることも困難なぐらいの痛みを伴う方もおられますが、これなら患部に触れることなくケガをした部位の早期回復が期待されます。

 

交通事故でけがをして触られるのも嫌な症状の場合にはぜひ一度お試しください。

交通事故と鎖骨の骨折

車の場合はシートベルト、単車の場合は転倒時の衝撃において、鎖骨の骨折を発症している人が意外と多いです。

 

鎖骨の骨折にて、男性の場合は手術療法ではなく保存療法を選択される方が多いです。

 

手術療法の場合はリハビリとしての運動療法などはすぐに実施することができます。

しかし、保存療法となると、あるていど骨形成が促されるまでは再転位予防のために運動療法は後回しにして固定療法となります。

 

固定期間の延長に比例して、可動域の低下がみうけられてしまいます。

 

ですが、当院において超音波療法にて骨形成期間の短縮を図り、可動域の低下を最小限に抑えて、運動療法を開始することで治療期間全体の短縮やケガ前の状態に少しでも近づけることができます。

 

交通事故では「むちうち」だけでなく、骨折や脱臼、ダッシュボード損傷の患者さんも、予想以上に発症している方が多いです。

交通事故は起こさないのが一番ですが、万一の時は的確な治療を受けてください。

高圧酸素の効果!?

交通事故だけでなく、ケガの種類によっては痛みや腫れのために患部を触る事も難しい症状の患者さんっていると思います。

 

患者さんはこの「痛み」をなんとかしてほしい。少しでも早く「楽」になりたい。

 

そんな気持ちで来院されると思います。しかし、いざ、このような症状の患者さんが来院されたら皆さんはどうされているでしょうか?

 

とりあえず冷やしますか?

湿布処置で終わりますか?

痛みを我慢してもらって物療機器をあてますか?

 

 

実際の当院の事例として、医師に問題ないことを精査してもらい、整骨院での施術に対して問題がないことを確認。その後、触れる事が可能な場所については適切な物療機器を使用しますが、そうでない部分に関しての回復力向上に向けて「高圧酸素カプセル」を使用しました。

全身の回復力が向上するため、わずか一か月ほどで痛みがほぼなくなり、日常生活や仕事にも支障がないほどになりました。

 

最終の来院日にはもったいないぐらいのお礼の言葉をいただきました。

 

このように、劇的な速度で痛みが解消する患者さんば多くはありませんが、確実によくなっているのがわかるので、良い意味で「人の手」による治療にこだわるのではなく、最良の結果が出せる治療方法を提供できればと思います。