整形 整形外科」タグアーカイブ

2020年ゴールデンウィークのご案内

2020年5月3日(日)~2020年5月7日(木)の間は一般の施術を休診とさせていただきます。

 

尚、交通事故治療につきましては

 

2020年5月3日(日)8時40分~13時30分

2020年5月4日(月)8時40分~12時30分 15時00分~21時00分

2020年5月5日(火)8時40分~12時30分 15時00分~21時00分

2020年5月6日(水)8時40分~12時30分 15時00分~21時00分

2020年5月7日(木)8時40分~12時30分 15時00分~21時00分

 

において、受付をいたしております。

 

5月8日(金)より、通常通りの受付となっております。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

お盆中の交通事故にご注意を!

8月11日(土)からお盆休みに入り、今年は19日(日)までと9連休となる方も多いかと思います。

 

今朝のテレビでもやっておりましたが、日本全国あちこちの高速道路で〇㎞の規制渋滞と報道されておりました。

 

規制渋滞の次はUターンラッシュが控えております。

今年のUターン時期には大型の台風10号が西日本に直撃すると言われており、雨風の影響で高速道路の速度制限、視界不十分により事故の確率が上がる、交通事故による渋滞といったような負の連鎖が起こるような事が十分考えられます。

 

せっかくお盆休みでリフレッシュしたのに、最後の最後で・・・とならないよう、車を運転する際には十分ご注意ください。

 

また、今年はマメに交通情報、気象情報をチェックし早めの休憩、出発時間の調整なども考えて余裕ある移動を心がけるようにいたしましょう。

 

最近の車には衝突安全システムだとか自動ブレーキアシストといった機能が搭載され、昔よりも事故の発生率は下がるとは思いますが100%の安全は保障できません。

 

それでも万一交通事故に遭ってしまい困った場合には、まずは110番通報をして、ご自身の安全を確保してください。

その上で当院までご連絡をいただければ、できる範囲でご協力させていただきます。

交通事故に遭ってする事

車を運転中に、万一、交通事故に遭ってしまったら「何をしたらいいのかわからない」という方が結構多いようです。

 

あなたは「何をしたらいいか」わかるでしょうか?

何をするのか?何故するのか?をここで書きたいと思います。

 

物損事故であれ人身事故であれ、事故が起きた場合にまずすることは・・・

 

「警察への110番通報」です!!

 

警察の方に、何時・どこで・どのような事故があったのかという公的な証明書を作成してもらうためにも必ず警察へ連絡をしてください。

 

人身事故の場合でケガ人が出てしまった場合は必要に応じて「119番で救急車」を呼んでください。加入している保険会社への連絡はこれらが終わってからでも十分です。

 

車を運転していて、誰か人をケガさせたのに「警察を呼ばない」「ケガ人を放置(ひき逃げ)」した場合は「道路交通法」違反として罰せられてしまうことになります。

 

相手にケガを負わしたり、自身も何かしらケガをしたかな?と感じるようでしたら、お互いにどんなに些細な症状であれ、必ず病院(整形外科)を受診しましょう。

 

どのような小さな症状であれ、病院にかかっていないと「交通事故が原因による症状かどうか?」がわからないため、自賠責保険や任意保険が使えず自腹を切る事となってしまいます。

 

病院にかかる際は、事前に保険の担当者へ連絡をしておけばスムーズな対応が可能となるはずです。

 

救急車で行った場合は遠くの病院に搬送されることがあるので、継続して通院する事が困難なことがあります。その際は、通いやすい病院にうつる旨を病院に伝えて「紹介状」をもらってください。同様に保険会社にも通院する病院を変更する事を伝えてから「紹介状」を持って、次の病院を受診してください。

 

また、保険会社が認めてくれれば「病院」だけではなく「整骨院」でも交通事故の治療は可能となっております。

 

当院も多数の交通事故患者の方が通われていますが、治療や保険に関する事など、患者さんの交通事故に対するストレスが少しでも軽減できるよう手助けができればと思います。

 

何かあればどんな些細な事でも結構ですので、いつでもご連絡下さい。

 

 

交通事故が起きた時に最初にすること


ひと昔前と違い車が高級品というものから、ちょっとした足代わりとして身近な乗り物となりました。しかし、テレビで流れる交通事故のニュースなどをみるとゾッとしますよね?

しかし「便利な乗り物」の引き換えとして、そんな悪夢のような交通事故も身近なものとなってしまいました。

 

経験しない事が一番ですが、万一、交通事故が起きた場合に加害者・被害者関係なくすることとして一般的なことを今回は書いてみたいと思います。

 

交通事故が起こってしまったら…

 

①負傷者がいるなら救護する

まずけが人がいるならできる範囲でいいので助けてあげましょう。

当然のことですよね?ひき逃げなんてとんでもない。

 

②警察へ連絡

これは物損事故・人身事故・加害者・被害者・事故の程度の大小など関係なく、交通事故が起きたら警察に連絡しましょう。

 

③相手がいるなら連絡先を確認

相手の氏名・住所・連絡先・勤務先・自動車保険会社とできれば証明書番号・相手車両のナンバーを免許証、車検証、健康保険証などで確認してメモをとっておいてください。

 

④目撃者の確認

事故の状況を客観的な証人になってくれる可能性があるので氏名・連絡先を聞いておいてください

 

⑤事故現場の保存

変に事故車を動かしたりせずに、警察の現場検証が終わるまでは事故現場をできるだけ触らないようにしましょう。

 

⑥自分でも記録

人間の記憶はしっかりしているようでとても曖昧なものです。質問されるたびに答える内容が変わらないよう、メモ書き程度でもいいですので事故の発生状況など事故発生時~示談までは記録を残している方がいいです。

 

⑦保険会社に連絡

事故が起きたらできるだけ早くに自分の加入している保険会社へ連絡をしましょう。連絡したらすぐではないですが、今回の事故に対する担当者が決まり、連絡が保険会社からあなたにあると思います。そうすれば、担当者さんの質問に答えるのと、疑問点などがあれば質問してください。

 

⑧病院に受診

事故直後は興奮状態のため症状がなかったりすることが多いです。決して自己判断はせずに、一度は必ず病院に行き医師の診察を受けてください。その際、領収書は後日請求できますので必ず受け取っておいてください。

 

万一、このブログを見ている方や知り合いの方で交通事故でお悩みの方がおられれば下記まで気軽に連絡ください。また、詳しくは下記リンクよりHPをご覧ください。

今後も交通事故について、ケガをされた方に有意義な情報を発信したいと思いますのでよろしくお願いします。

交通事故について詳しくはこちら

茨城県古河市大堤320

あおぞら鍼灸整骨院

☎0280-32-4057

交通事故の治療はお任せ下さい!!

古河市 あおぞら鍼灸整骨院は交通事故でケガをされた患者様が多数来院されます。

平成28年4月から開院して平成29年2月末現在で約150名ほどの交通事故患者様があおぞら鍼灸整骨院に来院されています。

 

当院は経験豊富なスタッフが事故で痛めた部位を的確把握し、患者様に丁寧に説明し施術にあたっております。最新の医療機器や熟練した施術スタッフの手技で痛みをとっていきます。

 

また、当院は整形外科から信頼もあるため、定期的にドクターにみてもらいながら、当院で治療をするといった事が可能で患者様は安心して通院することが可能です。

 

交通事故にあわれて、お悩みのかた是非一度、あおぞら鍼灸整骨院までお問い合わせください。

 

古河市大堤320 あおぞら鍼灸整骨院

℡0280-23-4057

交通事故治療についてはこちら