事故

万が一、交通事故に遭ってしまいケガをした場合の治療費って誰が払うのかご存知でしょうか?

 

加害者の加入している損害保険会社でしょ?

 

と思う人もいると思いますが、本来は被害者の方が病院にかかった際に

 

「一度、立替て治療費を支払う」

 

というのが原則となります。

 

え!?と思う方もいると思いますが、原則的な流れを以下に載せてみます。

 

 

このように、とても複雑な流れになってしまいます。

 

また、被害者に一時的とはいえ金銭的負担もかかってしまいます。

被害者の方が治療を受けるにあたって経済的なダメージが無ければ問題ないのでしょうが、立替とはいえ、治療費を支払うと生活になにかしら支障をきたすような事があるとすれば、必要とする治療すら受けなくなることになります。

 

その為、損害保険会社は

 

①被害者が経済的・精神的なダメージを受けることなく

②安心して治療を受ける事ができるように

 

以下のように簡略化する事がほとんどとなっております。

 

こうすることで「被害者」「加害者」「病院等」「損害保険会社」の間でのややこしいやり取りがものすごく簡潔となります。

 

こうなると

 

①被害者の方は一時的な金銭的支出を伴わずに治療を受けることが出来る

②加害者としょっちゅうやり取りをしなくていい

 

といった感じで一安心ですよね。

 

もちろん、このような簡潔な流れにするためには「被害者」と「病院等」「損害保険会社」の間で何度かやり取りをしてもら事になるのですが、その辺の事はまた後日に別記事にて書いてみたいと思います。

交通事故に遭ってする事

車を運転中に、万一、交通事故に遭ってしまったら「何をしたらいいのかわからない」という方が結構多いようです。

 

あなたは「何をしたらいいか」わかるでしょうか?

何をするのか?何故するのか?をここで書きたいと思います。

 

物損事故であれ人身事故であれ、事故が起きた場合にまずすることは・・・

 

「警察への110番通報」です!!

 

警察の方に、何時・どこで・どのような事故があったのかという公的な証明書を作成してもらうためにも必ず警察へ連絡をしてください。

 

人身事故の場合でケガ人が出てしまった場合は必要に応じて「119番で救急車」を呼んでください。加入している保険会社への連絡はこれらが終わってからでも十分です。

 

車を運転していて、誰か人をケガさせたのに「警察を呼ばない」「ケガ人を放置(ひき逃げ)」した場合は「道路交通法」違反として罰せられてしまうことになります。

 

相手にケガを負わしたり、自身も何かしらケガをしたかな?と感じるようでしたら、お互いにどんなに些細な症状であれ、必ず病院(整形外科)を受診しましょう。

 

どのような小さな症状であれ、病院にかかっていないと「交通事故が原因による症状かどうか?」がわからないため、自賠責保険や任意保険が使えず自腹を切る事となってしまいます。

 

病院にかかる際は、事前に保険の担当者へ連絡をしておけばスムーズな対応が可能となるはずです。

 

救急車で行った場合は遠くの病院に搬送されることがあるので、継続して通院する事が困難なことがあります。その際は、通いやすい病院にうつる旨を病院に伝えて「紹介状」をもらってください。同様に保険会社にも通院する病院を変更する事を伝えてから「紹介状」を持って、次の病院を受診してください。

 

また、保険会社が認めてくれれば「病院」だけではなく「整骨院」でも交通事故の治療は可能となっております。

 

当院も多数の交通事故患者の方が通われていますが、治療や保険に関する事など、患者さんの交通事故に対するストレスが少しでも軽減できるよう手助けができればと思います。

 

何かあればどんな些細な事でも結構ですので、いつでもご連絡下さい。

 

 

交通事故でお困りの方へ

不幸にも、交通事故にあわれた方で救急病院へかかられた場合・・・レントゲンなどをとり、症状の説明を受けるも次の予約をとることなく診察終了。このあと、どうしたらいいのか悩まれている方がたくさんいると思います。

 

ネットで検索したり知人に相談したりされると思いますが、どれが正しいのかわからず悩まれている方。ご安心ください。

 

当院は整形外科との連携施設の為、専門の医師を紹介させていただきます。また、数多くの交通事故患者様を診ているのでムチウチをはじめとする交通事故の症状にしっかり対応させていただきます。

 

また、交通事故専門の弁護士の先生とも連携しているため、万一の時はそちらの先生を紹介させていただきますし、我々でお答えできることはお答えさせていただきます。

 

①この症状は本当によくなるのか不安。

②治療を含めて補償がどうなるのかわからない。

③保険会社の方から連絡来るのが不安

 

など、たくさんの不安があると思います。

 

そのような不安、当院では交通事故専門のスタッフが全て対応させていただきます。

 

交通事故にあわれて少しでも不安に思われているようでしたら一度当院へお越しください。

 

あなたの悩みを解決してみせます。

むちうちの怖さ

先日、当院の交通事故患者様より急な問い合わせがありました。

 

「急にめまいがして、足に力が入らなくなり、手がしびれだすようになった。これって事故の影響でしょうか?」

 

といった内容でした。

 

事故直後よりしっかり治療されていた甲斐もあり、かなり良好な状態になりつつある方でした。なのに、事故発生から3ケ月たっても上記のような症状が急に現れたそうで、不安になって連絡をくれたそうです。

 

ご家族の方に電話を代わってもらったりして話を聞いているうちに、最悪のケースも可能性としてあったため、一旦、病院に受診してもらうことにしました。

 

検査の結果、脳に異常はなかったそうですが、首の方に問題があったそうです。

 

 

とりあえず、本人も、家族も、我々スタッフ一同も一安心でした。

 

 

で、今回の病院受診時に、事故にあってから日にちは経過しているが(事故当初から患者様が訴えていた症状を考えると)今回の事故が原因の可能性も十分あると言われたそうです。

 

あくまでも「可能性がある」というだけで、絶対的な原因というわけではないのですが、今回のケースのように

 

体の状態がよくなってきている

事故日から数ケ月たっている

 

というような状態でも、このような症状がでる事もあるようです。

交通事故にて「むちうち」に合われた方で「通院中」若しくは「治った」という方も決して油断はなされないようにお気を付けください。

 

当院では医師との連携をしっかりさせていただいているので、このような症状があっても適切な対応させていただきますので安心して交通事故での治療を受けていただけます。

保険無加入?

以前、不幸にも交通事故にあわれた当院の患者様です。

 

 

自転車で停車中に車にはねられて負傷。

 

しかも相手の車は「自賠責保険」も「任意保険」も無加入との事です。

 

いざという時の為の「保険」ですから、「任意保険」に加入していないという方がいるのはわかります。

 

ただ、「自賠責保険」は強制保険とも言われており、「自動車損害賠償保障法」によって、全ての自動車、二輪自動車、原動機付自転車に、加入が義務づけられています。但し、死傷事故における賠償は最小限となっているので、自賠責保険だけで十分とは言えません。

 

この、加入が「義務」づけられている保険に入っていない車両にぶつけれたということは・・・誰がケガの補償をしてくれるのでしょうか?

 

加害者本人しかいません。

 

 

被害者の方は

 

ちゃんとケガの治療ができるのか?

 

ケガの後遺症が残ったら補償はしてくれるのだろうか?

 

治療代は後日、払ってくれるとのことだがいつ支払ってくれるのだろうか?

 

 

等々、このような不安が他にも山積みのように出てくると思います。

 

このような被害者の方がでないように、義務付けられている保険だけでも最低限入ってください。

 

 

 

また、最近はプランによって、補償もしっかりしているのに値段も高すぎないという保険も出てきています。目先の保険料だけにとらわれることなく適正な「任意保険」にも是非加入してください。

 

交通事故はちょっとの違いで「加害者」にも「被害者」にもなります。

 

この記事をきっかけに「無保険車」といわれる車両が一台でも減ることを願っております。

交通事故にあった方へ

交通事故にあった直後にはなんともなかったが、しばらくして体調が悪くなったという方が結構おられます。

 

しかし、事故から1週間たってから症状が出てきたとかで、我慢されている経験をお持ちの方も多いようです。

 

絶対ではないのですが、事故後2週間以内に発症した症状については人身事故として自賠責保険での治療の対象になることが多いので、自賠責保険での治療が可能なのか一度確認をするようにしてみてください。

むちうちと思っていたら・・・怖い症状

交通事故で「むちうち」と思っていたときに恐ろしいものの1つに「脳脊髄液減少症」というものがあります。

 

その名の通り、脳や脊髄のところにあるはずの水(髄液)が何らかの症状で減少することです。

この症状にはいまだ不明点も多くは残っているのですが、治療方法はあるようなのでご安心ください。

 

現段階では、ほっておいたからと言って直接「命」に係わることはないそうですが、耐え難い症状のために自殺をする人も出るそうなので「むちうち」だからとあまく見ず、適切な医療機関を受診するようにしましょう。

 

EMSと骨盤矯正

当院のEMSですが、姿勢保持、腰痛予防や、整形外科医の紹介で(すべり症、腰部脊柱管狭窄症、ヘルニア)来院される方が多いですインナーマッスルであったりアウターマッスルといった筋肉量を増やすことで結果的に体を絞るトレーニングにもつながるということになります。

本日、初めて体験されたママさんはEMSだけでなく、簡単なトレーニングをされてましたが、かなりしんどそうでした(汗)

でも、確実につけたい筋肉に響いてる!!っとのことでした(;’∀’)

 

産後の骨盤矯正、骨盤周りの痛み、体を絞るトレーニングなど気になる方はお気軽にご相談ください。

 

また、交通事故でお困りの方も当院へ→→→http://aozora-seikotu.net/jiko/

事故でのケガ! 「バレ・リュー症候群」とは?

事故であおぞら鍼灸整骨院に来院される患者様でも多いのが、このバレ・リュー症候群です!

 

あまり聞きなれない言葉ですが、簡単に説明しますと交通事故でむち打ち動作、首に強い衝撃が加わりそれが原因となり起こったと考えられる自律神経失調症状のことです。

自覚症状としては、頭痛、頭重、めまい、耳鳴り、難聴、視力障害、疲労感など多彩にあります。

 

一般的に上記症状が出た場合には、首のレントゲン、聴力や平衡感覚の検査、視力や眼圧、血圧や日常生活についての問診といった様々な検査がされます。

 

しかし・・・「検査の結果、異常はありませんでした。」と言われ、交通事故のせいかな?で一般的には終わってしまいます。特に整骨院の場合は病院のように検査もできないので、余計に

 

事故の影響でしょうね

 

として片づけられるでしょう。しかし、当院が他の整骨院と違うのは、整形外科クリニックの医師と提携しているので、そちらで精密な検査をしてもらうことが可能です。もちろん、検査の結果を踏まえて医師の指示に従って症状にあった的確な治療を提供できるのでご安心ください(^_^)v

 

もちろん、この「バレ・リュー症候群」だけでなく、問診段階や治療経過を診ているうちに疑問を生じたものについては当院だけで抱え込むことなく適切な医療機関を紹介させていただきますので、交通事故はもちろんですが安心してご来院ください。