その痛みの原因はヘルニア?

腰痛や腰から足にかけての痛み、足のしびれなど様々な症状がでるのが「ヘルニア」と言われるもの。

 

レントゲンやMRIを撮って「痛みの原因はヘルニアがあるからですね」と言われて湿布や痛み止めの飲み薬だけを出してもらって、詳しい説明なく病院を背にする方は多いのではないでしょうか?

 

 

確かに、軟骨が本来あるべきところから飛び出して神経を圧迫することで痛みやしびれといった症状を出すこともあります。

 

しかし、全てがヘルニアが原因と言えるでしょうか?

 

「ヘルニア」という症状がでるほど背骨に負担がかかっているのですから背骨を支える筋肉の負担もものすごいものだと思います。

 

我々は「ヘルニア」は結果であって「ヘルニア」という症状をだすぐらい筋肉への負担若しくは筋肉の低下が原因と思っております。

 

実際、神経が刺激を受けているのであれば常になんらかの症状があっておかしくないのに、ある動作に対してだけ痛みやしびれがでるというのであればすこし疑問に思いますよね。

 

実際には、筋力不足が原因であったり筋肉の疲労が原因だったりします。

でも、ヘルニアがあるから・・・の一言で全てヘルニアのせいにしてしまっている方がほとんどです。

 

当院ではこのように「ヘルニア」と病院で言われお困りの方に、必要な検査を行い、当院で対応可能なのかご説明の上治療を行わせていただきます。