交通事故が起きた時に最初にすること


ひと昔前と違い車が高級品というものから、ちょっとした足代わりとして身近な乗り物となりました。しかし、テレビで流れる交通事故のニュースなどをみるとゾッとしますよね?

しかし「便利な乗り物」の引き換えとして、そんな悪夢のような交通事故も身近なものとなってしまいました。

 

経験しない事が一番ですが、万一、交通事故が起きた場合に加害者・被害者関係なくすることとして一般的なことを今回は書いてみたいと思います。

 

交通事故が起こってしまったら…

 

①負傷者がいるなら救護する

まずけが人がいるならできる範囲でいいので助けてあげましょう。

当然のことですよね?ひき逃げなんてとんでもない。

 

②警察へ連絡

これは物損事故・人身事故・加害者・被害者・事故の程度の大小など関係なく、交通事故が起きたら警察に連絡しましょう。

 

③相手がいるなら連絡先を確認

相手の氏名・住所・連絡先・勤務先・自動車保険会社とできれば証明書番号・相手車両のナンバーを免許証、車検証、健康保険証などで確認してメモをとっておいてください。

 

④目撃者の確認

事故の状況を客観的な証人になってくれる可能性があるので氏名・連絡先を聞いておいてください

 

⑤事故現場の保存

変に事故車を動かしたりせずに、警察の現場検証が終わるまでは事故現場をできるだけ触らないようにしましょう。

 

⑥自分でも記録

人間の記憶はしっかりしているようでとても曖昧なものです。質問されるたびに答える内容が変わらないよう、メモ書き程度でもいいですので事故の発生状況など事故発生時~示談までは記録を残している方がいいです。

 

⑦保険会社に連絡

事故が起きたらできるだけ早くに自分の加入している保険会社へ連絡をしましょう。連絡したらすぐではないですが、今回の事故に対する担当者が決まり、連絡が保険会社からあなたにあると思います。そうすれば、担当者さんの質問に答えるのと、疑問点などがあれば質問してください。

 

⑧病院に受診

事故直後は興奮状態のため症状がなかったりすることが多いです。決して自己判断はせずに、一度は必ず病院に行き医師の診察を受けてください。その際、領収書は後日請求できますので必ず受け取っておいてください。

 

万一、このブログを見ている方や知り合いの方で交通事故でお悩みの方がおられれば下記まで気軽に連絡ください。また、詳しくは下記リンクよりHPをご覧ください。

今後も交通事故について、ケガをされた方に有意義な情報を発信したいと思いますのでよろしくお願いします。

交通事故について詳しくはこちら

茨城県古河市大堤320

あおぞら鍼灸整骨院

☎0280-32-4057